2012年3月11日日曜日

この気持ちにタイトルがつけられないので

今日という日が一年たって、来ました。
メディアで見る一年前の今日が、
なんどもなんども胸に突き刺さります。
助けることができたのではないか、
もっと早くから予想できたのではないか、
誰しもが思うはずの気持ち。
だけど、人間は終わってから動くことばかりです。
どれだけの犠牲を重ねたら、
人は安全と安心を手に入れられるのでしょう。
自分に対しての怒りが込みあがります。
亡くなった人の命を無駄にしないでほしいし、
したくありません。
だからせめて、
亡くなった人とともに心を浚われた人たちの手を
つなぎとめるだけの力が欲しいです。
今がんばっている人たちと、
差し伸べる人たちの手が
一人でも多くつながったら、
いつか人はたくさんの犠牲を重ねなくても
安らぎの中で生きていけるようになるでしょう。
失うことの絶望感を、繰り返さないために、
これからを生きるために、
今日のこの日を忘れないために黙とうします。
強く生きる道を拓くための願いを込めて祈ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿