2013年6月5日水曜日

ラノベ凝ってます


普段は読みたくてもなかなか進まず、巻数だけ買い集めているラノベを、最近読み進められるようになりました。
そんなわけで、風呂に入ると小一時間はラノベを読みふけっております。
しかし、そこはお風呂。しばらくするとのぼせるので、途中読みかけのまま湯冷ましをするために栞は必須です。
最初は文庫についている紙の栞を挟んでおりましたが、湯船につかって続きを読もうと本を開けると、パラリと栞が湯船に水没するという事が頻発し始めたのです。
早い話が新潮文庫みたいに紐状の栞をつけといてくれりゃあいいんですが(・・・最近新潮文庫読んでないけど、栞ついてるのかな?)昨今の文庫には有りませんね。

ということで、こういう水没しても拭けば使える、フック型の金属棒のブックマークや、自分で作った紐状の挟みこみ栞を使用しています。

最近のお気に入りは、200円のガチャガチャで買った王冠チャームのペンダントトップをひっつけたブックマーク。今読んでいる、王冠にまつわる陰謀が渦巻く恋愛ミステリー「首(おびと)の姫と首なし騎士」シリーズに使っております。

自分が作った紐状の栞は、平行して読んでいる「零能者ミナト」シリーズで活用中。

文庫本サイズに揃えた長さの紐と、ひっかけ用のチャームのおかげで水没することもなく、読む際の邪魔にもならないので重宝しています。
この紐状の栞って結構便利なので、暇な今のうちにいろんなサイズの本に対応させるべく大量生産しとこうかな?(自画自賛)

とはいえ、現在原稿仕事が減り、着実に収入の道は途絶えているわけですから、新たに仕事を増やすための営業をかけるべく、プロフィールづくりをしなくてはならないのも確かです。
ですが、一向に重い腰が上がらないのは、ひとえにプロフの本人近映を撮るのに、体重をあと4~5キロは減らさなくてはならないからです(/_;)目も当てられない
とりあえず二重顎が目立たなくなるくらいには痩せなくてはならないでしょう。

そんなわけで、イベント出張などしますので、お仕事のご依頼お待ちしてます!

SHUKA WAKAMURA

0 件のコメント:

コメントを投稿