2014年2月5日水曜日

仕事をしていると胃が痛くなることがあるけれど、風の便りに相談者の良い結果を聞くと、それだけで胃の痛みがなくなる件




上記の写真とは関係ございませんが、


占いと言う相談業務をやっていると、


たまに本人の願う結果と違う結果が出てしまいます。


すると、どうしてもなっとくいかないのか、


「今、こうしなくちゃいけないんです!!」


と、言われてしまいます。


そうですよね、今後押しが欲しいから、


占いに来ているんですよね(ノД`)・゜・。


ただ、まだ駆け出しの頃、


調子良く相手の望む結果に合わせていたら、


結局最悪になってしまったという経験が多々あって、


すごく胃が痛い思いをしてました。


なので今は、出来るだけ正直に、


結果をお知らせするようにしています。


そのうえで、どうやって相談者の望む結果へ導くか


一緒に方法を考えるようにしています。


それが、カウンセリングを伴う占いの始まりです。


今では反論を受けると胃が痛くなるので、


結局どっちにしても胃が持たないのですが(;'∀')


そして、そういう相談者はインパクトがあるので、


ずっと覚えていたりします。


ごくたまに、どうしているかな?と思い出しもします。


なので、ごくたまに


当時胃が痛くなるほどの相談を受けた人から


「いい人生を送れるようになっていますよ」と聞くと、


元気回復します。


そんなわけで、本日も


二組の相談者様の良き人生がまとまったこと、


とっても喜んでいます。


おめでとうございます*・゚゚・*:.。..。.:*゚:*:✼✿(ღ✪v✪)。゚:*:✼.。✿.。キラキラ♥


これでしばらくは車を走らせて現実逃避しなくて済みます(ノ≧ڡ≦)エヘ


SHUKA WAKAMURA

0 件のコメント:

コメントを投稿